TOP / FEATURE / Street dance world champion ーKatsuya & Kyoka pairー

Katsuya from THE FLOORRIORZ Kyoka from RUSH BALL

 

Katsuya Profile
17歳の頃、ドイツで行われている世界最大級のダンスバトルイベントBattle Of The Year(略称BOTY)で準優勝を獲得。
日本最大級のダンスバトルイベントOLD SCHOOL NIGHTでは3度の優勝を果たす。
上京後も数多くの世界大会で優秀な成績を収め、2010年THE FLOORRIORZ結成に初期メンバーとして参加し、BOTYで三連覇という快挙を成し遂げた。
現在、THE FLOORRIORZ ACADEMYを運営し、後進の育成も務めている。
国内外を問わずショーケースやワークショップ、舞台作品への出演多数。
instagram :
■Katysua / @katsuya_tfz
■THE FLOORRIORZ / @thefloorriorz

 

Kyoka Profile
2004年ダンスチームRUSH BALLを結成。
2008年世界最大級のキッズダンスコンテストALL JAPAN SUPER KIDS DANCE CONTESTにダンスチーム子’OAMで出場し日本一に輝く。
2012年にCASIOとダンサー契約を結びG-SHOCKの全国ツアーや台湾、中国・上海などのイベントに出演。
2015年に大病を患うが2016年開催のJUSTE DEBOUT HIPHOP SIDEで世界一に。
現在は、BABY-GアンバサダーやRed Bullダンサーとして国内外で活躍している。
instagram :
■Kyoka / @kyoka_rushball
■RUSH BALL / @rushball.jp

 

First contact

Katsuya高校3年生、Kyoka中学1年生の時に、中高生限定のダンスコンテストDANCE ATTACK!!が開催された会場で話してから、イベントで会う度に挨拶する仲に。
2人とも忙しく、またKatsuyaは川崎、Kyokaは大阪に住んでいるので、丸一日オフで会うことは滅多にない。

KatsuyaからみたKyoka
「あまり自分の感情を表に出したり、言ったりする人じゃない。でも実際、芯があるし周りのことをよく見ていて、特に下の子達のことをめっちゃ考えている。尊敬していますしカッコいいと思います。」
KyokaからみたKatsuya
「トップロックとか立ちをやっている時の空気感やシルエットがかっこいい。こだわりが強いんだろうなと思った。普段バチバチしている感じじゃないのに、バトルの時はめっちゃバトルをしてるぜという感じを出しているところは好きです。」
 
 

スニーカーへのこだわり

 

「BBOYは、PRO-Kedsをみんな通っているんです。昔は練習の時も本番の時もPRO-Kedsでしょってくらい履いていました。同じPRO-Kedsでシューレースだけ変えたりして。
HIPHOPは、そもそもNYで始まったもの。東海岸のお金のないキッズ達は、安いPRO-Kedsを履いて、履きつぶせるからBBOYも履いて練習していた。当時BBOYといえばPRO-Kedsとなっていたので、その歴史を知ってPRO-Kedsを履いていましたね。」
 

「履いた時に地面を感じる、地面が近すぎるのは嫌。クッションがありすぎるのも嫌。ソールのバランスがいいやつでつま先方面がめっちゃ柔らかいスニーカーが良いです。つま先使ってめっちゃ踊るからつま先が硬いと踊りにくいので、買う時にソールを曲げたりして確かめます。あと軽いスニーカー。ランニング用とかがベスト。土踏まずのところが盛り上がっているスニーカーでは踊れない、足が痛くなる。」
 
 

FUTURE

 

 

舞台に出演することが多く、2018年に2ヶ月半フランスとスイスで舞台公演を行う。最近では、舞台の演出もこなす多才なKatsuya。ダンスはもちろん、自分の好きなことで誰かに影響を与える存在になりたいと彼は言う。

 

RUSH BALLが2019年に結成15周年を迎えた。そこで15周年イベントを自分たちで開催し、大成功に収める。RedBullのプロジェクトで、少林寺とフラメンコとカポエラを本格的に習い、自分のスタイルに混ぜ込んでクリップを撮り話題に。
これからも、ストリートダンス以外のジャンルを本場で習って、そのテイストを集めていきたいとKyokaは語った。

 

 

PAGE TOP